• 同じ条件下の元で、日本全国の地域の太陽光発電の発電効率を比較した場合、その地域の気温ではなく「太陽の光の量」がその発電効率を左右することから、北海道と沖縄が同等の発電効率であること、そして雪の降る日本海側よりも太平洋側の方が発電効率が高いという数値がでているのですが、同じ太平洋側の中で、他の地域と比べて格段に発電効率の低い地域があります。
    それは東京です。
    これは何を意味しているのでしょうか。
    それはやはり太陽光発電に必要な「太陽の光」というものが東京では少ないという事になるのですが、太平洋側にある東京がなぜ「太陽光が少ない」という数値になるのでしょう。
    その理由として考えられるのはやはり大都市という地域性があるのかもしれません。
    しかしそれでも、雪国の新潟と比較をしてみると高い数値を表していますので、決して過不足がある訳でありません。
    そして雪国である新潟であったとしても、住宅の向き、屋根の形などが満たしていれば、ご家族の暮らしに充分な電力を太陽光発電で賄う事ができますので、心配をする事もありません。
    太陽光発電で大切な事は、太陽の光の量による発電効率も大切ですが、何より大切なのは、その太陽光発電が設置をされる場所です。
    ほとんど日の当たらない北向きの屋根では大きな発電を望む事はできませんが、南向きあるいは、多少発電能力は劣りますが東、西向きの屋根でも充分な発電を見越す事もできますし、東向き、西向きと言っても、太陽光発電のパネルの枚数を増やす事で、南向きと言っても少ないパネルの量よりも多くの発電能力を得る事ができるのです。
    日本全国を比較してみても、東京の発電量というのは決して高くはありません。
    しかしだからと言って、それを理由に発電量の高い地域に引っ越すという事は現実的ではありませんし、行おうとする人もいないでしょう。
    太陽光発電を利用する時には必要なのは地域ではなく、日当たりだという事だけを知って頂ければと思います。

    get( 'keyword', 6 ) ?>
    get( 'comment', 6 ) ?>