• 昨今、地球環境の温暖化に伴い土地が水没したり、動物の種が減ってきたりと、世界レベルでの地球環境への配慮が求められています。
    そこで、日本でも、地球温暖化抑止のため、温室効果ガスの抑制が叫ばれています。
    そのために、各自治体が地球環境に優しい活動に補助金を出すなどして、地球環境への配慮を行っています。
    特に、企業や個人の温室効果ガスの排出抑制に効果を上げるものとして、太陽光発電の導入が挙げられます。
    太陽光発電は、太陽のエネルギーをソーラーパネルにうけて電力に変える発電システムであり、石油や石炭などの天然資源を用いないのが特徴的であり、有限の資源を使わない点で、地球環境に配慮しているといえます。null
    また、発電時に二酸化炭素などの有害物質を排出しないため、地球温暖化防止にも役立ちます。
    そこで、個人や企業における太陽光発電システムの導入をすすめるべく、多くの自治体が補助金を出す制度を設けています。
    通常、太陽光発電システムを設置するには、家庭用であっても100万円以上のコストがかかってしまいます。
    そのため、補助金を出すことで、少しでも設置費用が安くして設置する人を増加させようという狙いがあります。
    宮崎県は、このように太陽光発電システムの導入に対して補助金を出す自治体の一つです。
    特に、宮崎県は全国の中でも日照時間の長さが3位で、快晴の年間日数も全国の中で2位を誇っています。
    宮崎県は太陽の恵みをたくさん受けることの出来る地理的条件がそろっているといえます。
    そのため、国内でも特に太陽光発電システムの導入を広めている自治体の一つになっており、その普及率は全国で2位となっています。
    また、その気象条件から、宮崎県内にある広大な土地を利用するメガソーラー施設と呼ばれる大規模太陽光発電所の設置が進められています。
    自治体が率先して、太陽光発電を導入することで、住民に対してもシステム導入に関心を寄せてもらい、また、電力を電力会社に売却することで、自治体の収入にもなりえます。
    たくさんのメリットがある太陽光発電は、宮崎県だけでなく、他の自治体でもますます導入されていくことでしょう。

    Filed under: 様々なメリット