• 日本で暮らす中、原子力発電が止まった状態が続くと、電気料金がどんどん上がるように思えるのです。
    価格の高い石油製品を使うことや、LNGと言う天然ガスを輸入するにも施設の増強などもいることから、更に電気料金に価格が上乗せになってしまいそうにも思うのです。
    nullだからと言って、原子力発電がよいとも言えない状況にあると考えるます。
    そんな時、どうしても思いつくのが、自然再生エネルギーと言われる太陽光発電です。
    大きなメガソーラーを作るには、これも相当な費用がいるのです。
    大きな投資も要ることになり、大きな資本が動かないと難しいと思います。
    しかし、一般家庭への設置となると以前より費用も安くなり、取り付けやすい状態にもなっていると思われます。
    そして保証期間も25年つくと言う良い環境になって来ていますので、ますます設置に前向きになれると考えられるのです。
    そんな太陽光発電では、やはり日照時間の多い地区が良いのです。
    いっぱい充電することで、売電も可能になります。
    売電をいっぱいすることで、設備費用への回収にもなるのでした。
    太陽光発電は、日照時間の多い宮崎市にむいているのです。