• 日本には大きく分けまして日本海側と山を隔てて太平洋側に分かれるのですが太平洋側の気候は晴れの日が多くて、冬場においても比較的日の当る日数が多い場所なのです。
    nullその一方で日本海側においては、特に冬場などは天候の悪い日が多くて日
    の当る時間としては少なくなりがちです。
    そんな中で最近の話題としては環境に優しい取り組みと言う事で、太陽光発電が取上げられる機会が多いのですが、この発電装置は太陽の光が当たりませんと電力を発生できませんので、年間を通して日光のよくあたる場所が適しています。
    その場所としましては、多くの候補地があるのですが、九州の中で考えてみますと、太陽の良く出ている宮崎市が適していると思います。
    ここでは温暖な気候と日照時間の長さから、果物なども糖分をたくさん含んで美味しいものが多く取れています。
    民間企業においてもこの太陽光発電を利用して電力を起こし、これを売買する事で事業化しようとしています。