• ご家庭に太陽光発電の設備を設置したいと考える目的はさまざまな理由があると思います。
    原子力発電の停止による電力不足を補うために個々のレベルでできる事を目的としている人、または火力発電などにより排出されるCO2の削減を少しでも目指す事を目的としている人、個人の考えにより様々な理由があると思いますが、その中でも最も多くの人が期待をしているのが、電気料金の減額ではないでしょうか。
    太陽光発電により家庭によって発電された電力を使う事で、電力会社からの電気の使用量を減らす、また過剰に発電した場合にはその電力を電力会社に売電をすることによって利益をえるそんな事を考えて太陽光発電を設置しているのだと思います。
    しかし、ご家庭の家庭の全てを太陽光発電で賄う事は今の段階では100%不可能な事です。
    それは太陽光発電というのは、その名前の通り、太陽の光によって発電をされている訳ですから、太陽の光のない夜間は発電をしませんし、雨天や曇りのような天候の日にも太陽光発電での発電はないものと考えてよいでしょう。
    そうした夜間の電気料金や、ご家庭の屋根の形状や建物の向きなどで、ご自宅の電力を充分に賄う事が望めないという場合には、ご自宅の電気料金の契約を一度見直してみて下さい。
    電気料金の契約には「従量電灯契約」と「時間帯別電灯契約」という2つの種類があり、「従量電灯契約」というのは24時間いつでも同じ電気料金に設定されていますが、「時間帯別電灯契約」は昼間は高く、そして夜間は安く設定がされています。
    太陽光発電の場合、太陽の光がでている日中は太陽の光で発電をする事ができますので、電力会社からの電気が必要なのは太陽の光のない夜間という事になりますので、ご自宅の電気料金の契約が「従量電灯契約」になっている場合は「時間帯別電灯契約」に切り替える事で、夜間の電気代を安く済ませる事ができ、結果的に節約にもなるという訳です。
    こうした制度を利用して、上手に太陽光発電を利用して頂きたいと思います。

    get( 'keyword', 3 ) ?>
    get( 'comment', 3 ) ?>