• 最近は、地球温暖化の防止に向けて、各自治体が太陽光発電システムの設置を促進しています。
    その方法としては、住宅用太陽光発電システムや事業用の太陽光発電システムを新たに設置する個人や法人に対して予算枠を設けて補助金の支出をしています。null
    通常、太陽光発電システムを設置するに当たっては100万円を超える高額な設置費用が必要となります。
    そこで、補助金を受けることで、さらなるシステム設置の促進を図ることができます。
    宮崎市でも平成24年度には、住宅用システムについては500件分、事業システムについては12件分の受付をしていました。
    その補助費用としては、住宅用であれば1キロワットにつき2万円で上限が8万円、事業用であれば1キロワット当たり10万円で上限が100万円と、結構な額の補助金を申請により受けることができます。
    この補助金を利用することで宮崎市内で太陽光発電システムを導入する人も多くなり、すぐに予算枠に達したようです。
    さらに太陽光発電システムが導入されて、地球温暖化防止につながる政策が必要となっています。