• 太陽光発電で国から補助金による助成が受けられることは、多くの方がご存知だと思います。
    しかし、工事着工前に手続きが必要なことは案外知られていません。null
    取りつけてからだと助成が受けられなくなるので注意が必要です。
    まずは太陽光発電システムの選定をして見積りし、工事業者を決めて、システムの売買契約と工事請負契約を結びます。
    その段階で補助金申込書と共に、各契約書のコピーを添付して、国の補助金の申請先であるJ−PECに提出しなければなりません。
    提出しただけではダメで、書類が受理されて受理番号の通知が届いて初めて、申込完了になります。
    この段階でようやく工事着工ができるようになるんです。
    そのため、工事の契約後、実際に工事に入るまで少し時間がかかります。
    工事のスケジュールを予測したい場合、J−PECのホームページで、着工予定日の目安を計算できるツールがあるので利用してみましょう。
    およそ1ヶ月程度が必要になるようです。