• 最近では、太陽光発電システムの設置が増えてきています。
    ただ、太陽光発電システムを設置するとなると、費用がかかります。
    nullそこで、自治体などが設置に際しての助成金を出すことで個人や法人の太陽光発電システムの設置を促進しています。
    その理由としては、太陽光発電が、地球温暖化防止に役立つ発電方法だといえるからです。
    そもそも、太陽光発電システムとは、ソーラーパネルに太陽の熱を集めてその熱エネルギーを利用して発電するシステムを言います。
    従来の原子力発電や火力発電などの発電方法では、原子核や石炭や石油などの天然資源を用いて電力を発生させていたため、資源の消費が問題となっていました。
    また、発電時に二酸化炭素などの有害物質が不可避的に発生してしまうため、地球温暖化を進めてしまうことになります。
    この点、太陽光発電は太陽熱を利用することから、資源の消費はなく、また、発電時に二酸化炭素の発生もないため、地球温暖化防止に役立つといえます。
    そこで、このような利点から、太陽光発電を益々広めるために助成金が支出されています。