• 地域による太陽光発電の比較とタイトルが記載されていますが、地域により太陽光発電に違いがあるのかと戸惑う方もいらっしゃるかと思います。
    ここで比較をするのは太陽光発電の設置に係る費用や、太陽光発電の本体の費用を地域別に比較するのではなく、地域による太陽光発電の発電効率を比較してみたいと思います。
    普通に考えてみると、太陽光発電という名前からして、太陽の光の強い場所、いわゆる暑い地域が太陽光発電の発電効率が良いと考えてしまいがちですが、太陽光発電の発電に必要なのは太陽の暑さではなく、太陽の光の量という事になりますので、一概に暑い地域が発電効率が良く、寒い地域は発電効率が低いという訳ではありません。
    太陽の光が年間を通じてどれだけ当たっているかという事が、発電効率の高さになりますので、年間を通じて「晴れた日」の多い地域というのが、発電効率の良い地域となります。
    例えば、北海道と沖縄を比較してみると、年間を通じての平均気温というのは明記するまでもなく沖縄の方が圧倒的に高いというのは明確な事実ですが、同じ条件下で北海道と沖縄の発電力を比較してみると、その差というのはあまりないのです。
    それどころか、北海道の中でも帯広のような地域と比較をしてみると、なんと沖縄よりも発電能力が高いという数値になっているのです。
    これは沖縄には「梅雨」という時期がないという事から冬場の雪の季節を加味しても、梅雨や台風の往来の多い沖縄と比較してみると、同等の太陽光発電の発電の発電能力となるという事です。
    北海道など、自分の住む地域は寒い地域だから、太陽光発電を設置してもそれほどの発電を期待する事ができないと思っている人は、まだ多くいらっしゃるかと思いますが、太陽光発電の発電に必要なのは太陽の「暑さ」ではなく「光の量」だという事、上記の事を参考に、ご自宅に太陽光発電の設置について考えて頂けると良いかと思います。
    ただし、これはあくまで同じ条件下の元での試算ですので、もちろん屋根の形状、住宅の向きによって発電効率は変わってきますので、太陽光発電を設置をする場合に最も重要な事は、屋根の計上と住宅の向きという事も認識をしておいて下さい。

    get( 'keyword', 9 ) ?>
    get( 'comment', 9 ) ?>