• 太陽光発電の発電効率は「暑さ」ではなく「光の量」によって決まります。
    寒い地域の代表ともいえる北海道と、常夏のイメージの沖縄と比較をした場合に、その発電能力にあまり差がなく、北海道の中でも沖縄よりも発電効率の良い地域さえあるのです。
    では他の地域ではどうでしょうか?例えば九州地域を比較してみたいと思います。
    九州は南北に間違っている地域です。
    その中で発電効率を比較するために、福岡、熊本、宮崎の3県を比較してみますと、発電効率が一番高いのは宮崎という数値になります。
    これは宮崎が「南国宮崎」と呼ばれている所以ですが、九州の中でも宮崎は温暖な地域となっている為にこうした数値になるのです。
    そして2番目は熊本、そして3番目が福岡という順番になりますので、これは北に行くほど発電効率が低くなるという事になります。
    この結果はもちろん「太陽の光」の量が表していて、年間の天気を見てみても、この3県を比べた場合に一番「晴れ」の日が多いのが南国宮崎です。
    それに比べて、一番数値の低い福岡は、九州という地域の中でも、年間に数日間とはいえ雪が降るという地域になっています。
    その為に、太陽の光の量が他の地域と比べて少なくなってしまうのです。
    更に、福岡は日本海側に面していることから、低気圧が流れ込む頻度が高いので、太陽の光の量も少なくなってしまうのです。
    しかし、これらの比較はあくまでも同じ条件下での数値ですので、例え宮崎と言えども、北向きのような太陽の光があたる事が少ない屋根ではその発電効率はもちろん低くなります。
    反して、福岡で設置をする場合にも、南向きの屋根に太陽光発電のパネルを設置する事により、高い発電効率を得る事ができるのです。
    ちなみに日本全国で考えた場合、やはり日本海側よりも太平洋側の地域の方が太陽光発電の発電効率は高くなっていますが、面白い数値としては、太平洋側の地域よりも内陸部である長野県の松本市や暑さで有名な埼玉県の熊谷市などが高い数値になっているという事です。

    get( 'keyword', 8 ) ?>
    get( 'comment', 8 ) ?>